導入事例

女性警備員の導入により、警備と受付を一本化。

女性警備員の導入により、警備と受付を一本化。

1922年の創立以来、約100年にわたり歯科に関わる器械を幅広く製造し、国内外に向けて販売している株式会社松風様。元々は別の警備会社に警備を依頼されていましたが、その会社の事業撤退を受けて、東洋テックが引き継ぐかたちで、松風様の警備を担当させていただくことになりました。

株式会社 松風(SHOFU INC.)

http://www.shofu.co.jp

事業内容
歯科材料及び歯科用機器の製造・販売
導入サービス
常駐警備(女性警備員含む)・機械警備

総務部長 岩﨑 滋文 様

お客様の要望に合わせて課題解決をサポート

東洋テックさんとは2010年8月からのお付き合いで、主に「入構管理・受付業務」と「夜間警備」をお任せしております。

入構管理・受付業務

元々、入構者がいらした際は、守衛所で入構管理を行ったあと、別の建物に移動して受付を行っていました。入構者にとっては二度手間でしかなく、当社としてもその両方に人員を配置する必要があったため改善したいと考えていました。そこで、東洋テックさんに勧めていただいた「女性警備員」の採用をきっかけに、入構管理と受付業務を女性警備員に兼任していただくことに。そうすることで、入構者が守衛所からワンストップで訪問先の部署に向かうことができるようになりました。以前の体制を知るお客様からは大変ご好評いただいております。

夜間警備

夜間の巡回による不審者の侵入防止、火災や不具合などの早期発見、それによる迅速な初動対応を期待しております。また、社屋の外周や研究所などの要所では、機械警備も配備しています。異常事態には監視センターから的確な指令が飛んできて、警備員と連携してトラブルを解決していただけます。24時間365日、休むことなく警戒していただけるので、当社の警備は東洋テックさんに安心してお任せしております。

女性ならではの“強み”を警備・受付に

警備という点だけで見ると確かに男性警備員の方が安心感はあります。しかし、営業時間中は「警備」だけでなく「受付業務」も兼ねているため、お客様に対する人当たりの良さや物腰のやわらかさ、印象の良さといった点では女性警備員ならではの部分も感じますね。

当社では従来、受付業務は派遣社員の方にお任せしておりましたが、入れ替わりのサイクルが短く、勤続が安定しないこともあり、引き継ぎや指導業務が負担になっていました。これを東洋テックさんの女性警備員に警備と受付を兼任していただくことで、引き継ぎ業務も含めて東洋テックさんの中で回していただけるため、総務部門の負担が大幅に軽減されました。

実は、女性警備員の採用に乗じて、タクシーの配車予約を移管したり、守衛所で受けていただいていた業務時間外の代表電話を自動応答にしたりと、受付以外の運用も大きく変更しました。大抵の場合、変化に対する抵抗は少なからずあるものですが、女性警備員の評判の高さもあって、多くの社員が変化に対して前向きに。社内運用の変更に対する不満を耳にすることはありませんでした。これも東洋テックさんが当社に合った女性警備員を配属していただいたおかげかと感じております。

柔軟な提案力が信頼を育んできた

しばしば、警備会社を選ぶ際に重視すべき要素として、「実績」や「コスト」、「会社規模」などが挙げられます。しかし、一度お付き合いをはじめた警備会社と関係を継続していく際に最も重視すべき要素は、「信頼性」ではないでしょうか。それは、警備員一人ひとりの「人柄」や、警備と受付を兼任することでコストダウンと満足度向上を両立させる「提案力」など、人と人とを通して育まれていくものです。

当社は、現在建て替え工事を行っており、守衛所もその範囲に含まれていることから、仮設守衛所や新棟が竣工した後の警備・受付の運用が直近の課題です。今後も東洋テックさんとは密に連携を取り合い、警備会社という枠にとらわれない柔軟な発想で課題解決にお力添えいただければと思います。

資料請求・お問い合わせ
はお気軽に