会社情報

『健康経営優良法人 2020(大規模法人部門)』に認定

2020.03.02

東洋テックは2020年3月2日、「健康経営優良法人2020(大規模法人部門、上位500法人以内の通称ホワイト500)」に認定されました!
健康経営優良法人の認定は2年連続となります。
これからも「人・街・未来をまもる」使命とともに、従業員の健康をまもり、心身ともに健康で活き活きと働くことができるような環境作りに取組んでまいります。

■参照(経済産業省ニュースリリース)
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200302004/20200302004.html




健康経営への取組みについて

近年、「健康経営」や「働き方改革」など、従業員がいきいきと働くことができる職場の実現に向けての取組みが活発化してます。

世界保健機構(WHO)によれば、「健康」とは単に病気でないとか、弱々しい状態でないことを指すのではなく、社会的にも良好な状況であること。つまり、「からだの健康」や「こころの健康」と並び「社会的な健康」が重要であると考えられています。特に複雑な現代社会においては、社会的な健康が、からだとこころの健康を支える土台の様な重要性を持っていると考えられます。

当社においても、この3つの健康を目指し、従業員の健康維持・増進に取組んでまいります。



*健康経営とは、従業員の健康維持・増進が企業の生産性や収益性の向上につながるという考え方に立って、経営的な視点から、従業員の健康管理を戦略的に実践することを指す。




東洋テック株式会社 健康企業宣言

東洋テックは「人・街・未来をまもる」使命とともに、従業員の健康をまもり、心身ともに健康で活き活きと働くことができるよう、従業員の健康づくりに取組むことを宣言します。

《取り組み内容》
・健康診断受診率100%
・インフルエンザ予防接種や人間ドッグ受診者への補助金制度
・社内スポーツイベントの実施
・ノー残業デーの導入
・コミュニケーション促進のためのクラブ活動への金銭援助
・休暇制度の導入(リフレッシュ休暇・ミニ休暇・半日休暇等)
・健康度チェックアンケートの実施
・健康経営セミナーの実施 など
 
 
 
 
《健康経営推進体制図》

今後の課題と具体的な取り組み

◎生活習慣に関するアンケート結果<2019年7月実施>
自社の具体的な健康課題把握の為、年に1度従業員への健康習慣アンケートを実施しております。傷病の発生リスク、生産性を阻む要因の分析に役立てています。
◎具体的な取り組み内容
・定期健診での再検査対象者に受診勧奨と事後確認の徹底
・従業員への健康に関する継続的な情報提供

結果としてアンケート調査では食生活、飲み物について無関心だと答えた者が前年より減少。飲み物 無関心期22%⇒20%未満 、食生活 関心期・準備期33%⇒38%以上 という前年からの目標を達成しました!
健康経営優良法人認定後は社内外からの健康経営への取り組みに関する問い合わせが増えており、健康経営に対する注目度が伺えます。

◎今後の課題への取り組みについて
禁煙外来補助制度の導入
喫煙率は36%、喫煙について無関心な社員は26%と高い。禁煙外来補助制度の導入し、無関心期26%⇒20%未満を目指します。

こころの健康課題の抽出
ストレスチェックの質問項目を増やし、具体的な課題解決に向けてPDCAを回し、職場改善に取り組みます。

女性特有の健康問題についての研修の拡充
女性特有の健康課題について共有する機会を増やし、女性の活躍推進、健康保持などの社内体制の構築を強化します。

会社情報 会社情報